珈琲飲んでいい気分。

徒然なるままに。

真冬の北海道旅行~Part1~

 どうもお久しぶりです。改名しました、やきとり弁当と申します。以後よろしくお願い致します。

 

 さて、本題に入りましょう。2018年2月前半、私は北海道におりました。これから暫くはその北海道旅行について綴りたいと思っております。長くはなると思いますが、お付き合い願います。

 

 2018年2月1日、旅は東京駅から始まりました。

f:id:doublemountain:20180419015943j:plain

東京駅


 以前から密かに、東北新幹線北海道新幹線で終点まで乗ってみたいと思っておりましたが、料金が中々に高額でその願いは叶わなかったのですが、今回JR東日本さんの運営する「えきねっと」の「お先に得だ値」を使うことにより、16860円で東京~新函館北斗までの切符を手に入れる事が出来ました!こうして東京駅から新幹線に乗り込み、長い北海道旅行が始まりました。

f:id:doublemountain:20180419020055j:plain

 東京駅は数多くの新幹線の始発駅であり、行き先も数多く、色とりどりの新幹線がホームに滑り込んでは数多くのお客さんを積み込んで発車していきました。そのうちの一つ、はやぶさ5号新函館北斗ゆきに乗り込みました。

f:id:doublemountain:20180419020159j:plain

 はやぶさ5号はその時は東京から新函館北斗駅までの所要時間が一番短い新幹線で、862.5kmを4時間2分で駆け抜け、停車駅も東京を出発すると大宮(上野駅は通過!)、仙台、盛岡、新青森、終点新函館北斗のみという韋駄天新幹線でした。

f:id:doublemountain:20180419020230j:plain

 車両はE5系、普通車に乗りましたが、前の座席との間にちゃんとスペースもあり、全車指定席の為混雑もなく車内販売もよく見かけたのでついつい珈琲を頼んでしまったりと、散財気味な時間を過ごしました…又、前の座席のポケットにフリーペーパーがあったので、それを読んだり、旅行のメモをとりながら時速300kmくらいで北上していきました。

 

 青函トンネルに差し掛かる前あたりで速度をぐーっと落としました。貨物列車との行き違いの問題があるからだそうですね、世界最長の海底トンネルの称号は伊達ではありませんね、トンネル通過に25分くらいかかった記憶があります。時折電波が入る箇所があったのですが、昔海底駅が設置されていた場所のみ電波が入るそうですね。

 

 そうこうしているうちに急に窓から光が差し込みました。いよいよ北の大地です。これまでの森がありつつも人里の気配を感じさせる景色とは打って変わって、スケール感のある雄大な、そして人里の気配をまるで感じさせないような景色が広がっていて、北海道についに来たんだなという実感が湧いてきました。この感覚は飛行機でも船でも中々感じられない列車独特の感じがして、私はその感覚が大好きです。

f:id:doublemountain:20180419020945j:plain

 そうこうしているうちに新函館北斗駅に到着しました。その駅で函館在住のフォロワーさんと合流し、函館市内を目指しました。道中桔梗駅があり、犬夜叉が大好きな自分は窓からわざわざその写真を撮って知り合いのLINEに送り付けた記憶があります。函館駅に近づくにつれ賑やかさが増してゆき、函館駅の櫛状の長いホームに乗っていた2両編成の小さい汽車が滑り込んでいきました。なお、下の写真の奥に見える小豆色に黄色の線が入った汽車は道南いさりび鉄道という、昔JR北海道江差線だった路線が新幹線開通を機に第三セクター化した鉄道会社の汽車です。一度その路線の始発駅である木古内から終点の函館駅(厳密にはひと駅手前の五稜郭駅までが道南いさりび鉄道です)まで乗ったことがあるのですが、沿線も又魅力の詰まった場所なのでいつかじっくり巡りたいものです。

f:id:doublemountain:20180419021428j:plain

 話は元に戻って、函館に着いてからすぐに観光するのもよかったのですが、何分既に時間は13時を過ぎており、おなかも空いていたので昼ご飯を食べることにしました。函館駅前にらっきーぴえろの支店があったので、そこへ向かいました。らっきーぴえろは函館を代表するハンバーガーチェーン店で、ハンバーガーだけではなくそれ以外の様々なメニューが、例えばとんかつやオムライス、餃子がある店舗もあるというなんでもござれなお店です。

f:id:doublemountain:20180419022231j:plain

 チャイニーズチキンバーガーを食べました!このバーガーはらっきーぴえろの一番人気で、特にチャイニーズチキンとよばれる唐揚げ(道民曰くザンギではないらしいです)が特に美味でした♡バンズも素材の味が生きて、中身の味をちゃんと引き立てていて、これを食べたせいでマクドナルドへ行けない身体になってしまいました。

 

 今回はこの辺までにしておきましょう。今回のシリーズは長くなりそうですが、最後までお付き合いいただけると幸いです。ではでは。

 

【追伸】以前日本一周した際の旅行の様子を纏めた同人誌「きらせか日本一周」Vol.1を通販サイトBOOTHにて販売中です。読み応えのある一冊に仕上げました、是非お買い求めくださいませ。後編にあたるVol.2は現在鋭意制作中ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。

kirakira2nd.booth.pm