珈琲飲んでいい気分。

徒然なるままに。

伊東から金沢まで行ってみた(1)

こんにちは~。

今回は過去の旅行をピックアップして紹介します。

旅行していないときはこんな感じで過去の旅行の紹介でもしていきます。

 

f:id:doublemountain:20160615135430p:plain

これが今回の旅のルートです。伊東出発、金沢到着です。

f:id:doublemountain:20160615132924j:plain

早朝の伊東駅です。前日は大学の友人たちと伊東で遊んでいましたが、今日はまだ寝ている友達を尻目に一人で旅行に勤しみます(笑)朝活朝活ぅ⤴…やっぱり眠い…

伊東駅からJR伊東線に乗ってまずは熱海へ。

 

どうでもいいですけど、熱海って、省略するとATMじゃないですか。

なんか、お金が沢山ありそうだなぁ、って、まだ頭の中が寝ている当人はぼーっとそんなことを考えていました。

 

そんなアホなことを考えてるとすぐにATMに着いてしまいました。

 

ここからJR東海道本線富士駅へ。

 

そう、あの富士駅です。

 

その名を聞いた者はあそこには何もない、早いこと脱出するのだと囁く、あの富士駅です。

 

なにがいけないのかって、あそこには電源カフェが一軒もないんですよ(要出典)。

ただ売店で静岡名物のっぽぱんが買えるのが取り柄なんじゃないかと。

f:id:doublemountain:20160615140349j:plain

富士駅ディスもほどほどにして(なお、改札出たところにカフェがあるのでゆっくりできるみたいです。中に本当はコンセントがあるんじゃないかと睨んでいます。)、身延線に乗りました。

 

のどか

 

ただひたすら富士川沿いを走っていきます。一人ガラガラの電車内で、ボックス席を独り占めしつつ、JuanesのTu Guardianを聞き、雄大な景色を眺めながらのっぽぱんを食べる。

端的にいって今回の旅行の中で最高のゆったりした時間でした。

 

ボーっとしているうちに知らぬ間に甲府盆地に入り、甲府駅に入りました。

本当はここらへんでほうとうを食べたかったのですが、乗り換え時間が非常に短かったので、今度来た時に食べてやるんやと決意を固めて、JR中央本線に乗り込みました。

 

なお、この決意はこの数週間後、実現間際であきらめざるを得ない状況に陥るのであった…

(2)につづく